« 看護実習でひるむ… | メイン | リアルな実習 »

実習の大切さ

看護実習ではあらゆる経験をしますがどれもこれもいい言い方をすれば新鮮。
悪い言い方をするとリアルすぎる…。
こんな経験実際に働き出してからでいいよ!!なんて思うこともたくさんあるけど
やっぱりそういうことほど事前に何度も経験しておいた方がいいんだろうね、きっと。
実践で即仕事として出会ってしまったらきちんと対処出来るように…。
本来看護実習ってもっと時間的に多くあってもいいと思うんですよね。
もちろん学科の勉強も大事だとは思います。知識を頭に詰め込む…。だけどいくら知識が豊富でも実践でそれを役立たせられなかったら知識を持っていても無駄になってしまいますよね。
どんなことでもたくさん練習して上手になっていく…看護の実習もそれと同じですよね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cometerna.org/mt3/mt-tb.cgi/10

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2012年05月28日 10:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「看護実習でひるむ…」です。

次の投稿は「リアルな実習」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38